知っておきたいデザイナーになるための道のり

デザイナーになるまでの概要

デザイナーといっても様々なものがあります。例えば、商品のパッケージを考えるデザイナー、服のデザイナー、建築デザイナーなように色々なものが存在します。デザイナーになる道のりもまた異なり、建築デザイナーの場合だと、一級建築士のような資格をとってその後にデザインの勉強をしデザイナーとして活躍される人もいれば、デザインの専門学校を出て師をもってデザインの勉強をしながら、デザイナーとして活躍される人もいます。

デザインの専門学校って何するの?

デザインの専門学校では、既存的なデッサンやグラフィックの勉強をします。ここで学ぶことは将来デザイナーとして仕事をする上で必要な基礎的な知識となります。また、デザイン自体は、発想力や才能自体がとても重要と言われています。確かに、才能とくに感性などは非常に重要なものですが、これ自体だけでデザイナーとなることはできません。自分の感性で感じたことを表現できる技能をみにつけなければ、デザイナーとしては活躍できないため、このような専門的技能を学校で学ぶことになります。

専門学校を出たらどうするの?

専門学校を卒業した場合、多くの人はデザイン会社などに就職をします。ここで重要なのは、デザイナーとして活躍する自分をしっかりと持つことです。というのも、例えば、パッケージを考えるデザイナーは建築のデザインや服のデザインをすることは当然できません。また、パッケージの中でも、飲料水に強いデザイナーと缶詰に強いデザイナーがおり、どのような分野でどのようにデザイナーで働きたいかを明確にし、それに合わせた就職先を決めることが大切です。

ファッションが好きな人は服飾の専門学校でプロを目指してみませんか。ファッション業界の仕事に直結した知識と技術を身につけることができます。