金利は本当に重要?信用取引を始めるときの考え方

信用取引をするときには金利が需要?

信用取引で株式をやろうと考えたら金利が気にかかるでしょう。資金を借り入れて株式を購入すると金利を支払わなければなりません。日割りで計算されることから、借りているのがだんだんとストレスになってしまう可能性もあります。少しでも金利が少ない証券会社を選ぼうと考えるのはもっともなことですが、本当にそれが重要なのかと一度考えてみることも重要です。金利をあまり気にかけずに効果的に信用取引をする方法もあります。

運用の仕方次第で重要なポイントが変化

株式で利益を得るために大切なのが運用の仕方を工夫することです。長く借りていると金利がかさんでしまいますが、借りる期間が短ければ金利が多少高くても痛手にはならないでしょう。運用の仕方として短期勝負を繰り返すというスタンスを持つと金利が高くても気にかからなくなります。逆に重要になるのが取引手数料であり、手数料が少しでも少ない証券会社を選んだ方がメリットが生まれるのです。運用の仕方次第で最適な証券会社は違うものになります。

時期に応じて考えることも大切

金利が高くてもお金を借りなければ良いという視点も持ってみると良いでしょう。信用取引ではお金ではなく株式を借りることも可能です。借りた株式をすぐに売り払ってしまい、あとで安くなってから買い直して返却するという方法が許されています。このときには株式を借りるための費用がかかりますが、それが低ければ何も問題はないでしょう。株価が下がり気味のときには金利をあまり考えなくても良い可能性が高いということになります。

株式の信用取引の金利の決まり方は、それぞれの仲介業者のシステムに依存するため、早期に専門のアドバイザーに問い合わせをすることが大切です。